図書館資料論レポート

「図書館の館種と資料の選択」についてまとめ、私見を加えてください

図書館の館種は、サービス対象や設置主体によって「公共図書館」「大学図書館」「学校図書館」(小・中・高)「専門図書館」「国立図書館」などに分けられる。また、サービス対象が異なるとともに、収集対象となる資料も異なっている。

1.公共図書館の場合
 図書館法における公共図書館の目的は、「教養、調査研究、レクリエーション等に資することを目的とする施設である」と定義されている。ただ、この文面の中で「等」と言う語句が使われていることは、内容に幅を持たせた表現であるが、資料選択においては必ずしも喜ばしいことではない。なぜなら、それは資料選択に対する考え方を明確にしにくくなっている原因のひとつである。この不明瞭な部分を、予算の配分を考えた上でどのように判断するかが図書館員に求められている。

また、利用者には図書館で情報を得る権利があるというものの、完全にそれが保証されてるとは言いがたい。理由は、身近な図書館に利用者が欲する資料がすべて常備されているとは考えにくいこと、また、ベストセラーなど特定の図書に注目が集まることは多々あるからである。

このような場合、図書館員は貸出日の短縮や、同じ資料を複数用意するなどの配慮が求められる。これは、資料を選択すると言う行為自体が、資料の要求に優先順位をつけていることに注意すべきである。

2.大学図書館の場合
大学図書館は、小・中・高の学校図書館と同じく学生対象の図書館である。しかし、大学図書館が学校図書館と別に論じられるのは、学術研究機関としての研究情報のための図書館という側面も持つからである。

3.学校図書館の場合
小・中・高の学校図書館は、常に教育活動の中に存在し、児童・生徒の成長につながるものでなければならない。

4.専門図書館
 特定分野の情報について、公的文書、新聞、雑誌、書籍などを収集管理し、その研究機関、企業、団体内の専門家や、学術情報にかかわる会員の用に供する施設

5.国会図書館
 日本の国会議員の調査研究、行政、ならびに日本国民のために奉仕を提供する図書館である。また、納本制度に基づいて、日本国内で出版されたすべての出版物を収集・保存する日本唯一の法定納本図書館である。

図書館での資料選択を検討するプロセスは、館種によって様々である。そこで私は、その中の大学図書館について述べることにする。

大学図書館における資料選択のプロセスについては、主に学生サービスと教員向けサービスがある。学生向けサービスは「学部・学科の構成」「カリキュラム内容」「学生の理解の水準」「学生の興味・関心のある分野」などが考慮され、教員向けサービスには、教員の研究領域」「教員の研究動向」が重要視されている、と、テキストに書かれている。しかし、最近はそれに加え、地域住民向けのサービスも行われるようになってきた。その大きな理由としては、生涯学習政策があげられる。

平成20年、中央教育審議会は「新しい時代を切り拓く生涯学習の振興方策についてという答申を出した。この答申に基づいて、大学は施設を利用した公開講座を多数開講するようになった。それに伴い、今まで学内の学生のみを対象にしていた大学図書館が、公開講座に参加する社会人にも対象枠を広げるようになった。

しかし、答申以前から大阪には社会人に開かれた大学図書館がある。それは、大阪教育大学天王寺キャンパス内にある天王寺分館である。大阪教育大学天王寺キャンパスは、国内唯一の教員養成の夜間学部を持ち、社会人向けの夜間大学院がある。また、同じ敷地内には放送大学大阪センターがある。このように学内の学生のほとんどが社会人であると言う、特殊な性格を持っていることから、必然的に社会人の利用が多くなる。

また、大阪教育大学天王寺キャンパスは、大阪市内の主要ターミナルから徒歩圏域にあるという恵まれた立地条件から、教育大学生・放送大学生以外の地域住民にも広く利用されている。

このような理由から天王寺分館は、教員養成大学の付属図書館と言う、元は限られた領域の大学図書館であるにもかかわらず、図書資料のジャンルは多岐にわたり、利用者の図書購入の要望も多い。また、最近は図書館で調べ物をしたり情報を得たりするのではなく、新聞を読んだり視聴覚教材(DVD)を見たりと、余暇の過ごし方のひとつとして図書館を利用する人が増えたと聞いた。そこで天王寺分館は一昨年大幅にリニューアルし、入り口に円形のソファーを設置した。そこで壁面の棚にある新聞を利用者にゆったりと読んでもらうためである。また、別の壁面の棚にはブルーバックス本のシリーズを設置した。これは内容がやや難しいものも読みやすく書き直されている図書である。このように、天王寺分館は、常に大学図書館でありながら社会人に常に目を向けている珍しい大学図書館である。

提出回数:1
担当講師のコメント:設題に対して基本的な事柄の理解はよくできています。図書館の館種は5種に類別され、それぞれは設置の目的やサービスの対象が異なる。そのため各図書館では利用者の要求に対応し得る有効な資料の選択・収集の合理的システムを構築して運用・実施にあたる必要があるでしょう。

スポンサーサイト




プロフィール

Mikami Kako

Author:Mikami Kako

おことわり

保育士・図書館司書に関しては、旧システムによるものなので、現在のもの科目編成や内容にずれがあります。放大についても閉講科目が含まれます

クリックすると開きます

シンプルアーカイブ

検索フォーム