◇次の機能を主に行う器官を答えなさい
①消化機能はほとんど持たず、水分の吸収が主である
大腸
②胆汁が作られて十二指腸に分泌される
肝臓
③主な栄養素はほとんど吸収される
小腸
④インスリンとグルカゴンを分泌する
膵臓
スポンサーサイト



◇以下の消化酵素によって、何がどのように分解されるか
①マルターゼ
麦芽糖をブドウ糖2分子に分解
②スクラーゼ
ショ糖をブドウ糖と果糖に分解
③ラクターゼ
乳糖をブドウ糖とガラクトースに分解

◇脂肪酸に関して以下の問いに答えなさい
①室温で液体で、酸化しやすい脂肪酸はなにか
不飽和脂肪酸
②常温で固体で、炭素の二重結合を持たない脂肪酸は何か
飽和脂肪酸

◇誤っているものを1つ選びなさい
a、たんぱく質は1g約4kkalのエネルギーを発生する
b、たんぱく質の栄養価はそのなかの必須アミノ酸の含有比によって決まる
c、たんぱく質は消化酵素によりアミノ酸にまで分解されて消化吸収される
d、たんぱく質の構成元素は、炭素・酸素・水素である
答え:d・・・窒素も含まれる

◇誤っているものを1つ選びなさい
a、卵には鉄が多く含まれているが、卵黄にしか含まれない
b、ヘム鉄と非ヘム鉄では、非ヘム鉄のほうが吸収が大きい
c、鉄は、その60%ほどが赤血球のヘモグロビンに含まれる
b、ヘム鉄 吸収大

◇日本人の食事摂取基準の内容で、正しいものに○、間違っているものに×をつけなさい
①乳児の推定エネルギーの必要量は男女ともに同じである
×
②エネルギーの必要量は、妊婦・授乳婦については付加すべきである

③推定エネルギーの必要量は身体活動レベルにより異なるが、幼児期は推定できないので身体活動レベルを設定していない
×
④推定エネルギー必要量は、男女ともに15~17歳が一番多い
×

◇乳幼児、学童期の肥満を測定する指数はなにか
カウプ指数・ローレル指数

◇次の食品を「六つの食品群」に分類しなさい

■食品群    ■六つの食品群(1~6)
①穀類・・・・・・・・(5)
②果実類・・・・・・(4)
③豆類・・・・・・・・(1)
④緑黄色野菜・・(3)
⑤肉類・・・・・・・・(1)
⑥乳類・・・・・・・・(2)
⑦海藻類・・・・・・(2)
⑧油脂類 ・・・・・(6)       

◇穀類に関する文章で正しくないものを選びなさい

①穀類は、米、麦、雑穀の総称であり、約50%糖質を含んでいる。その大部分はでんぷんである。
②もち米の粘りは、アミロペクチンである
③穀類の無機質ではリンが多く、カルシウムが少ない

答え:① 成分の70%が糖質

10

◇イモ類の文章で間違っているものを選べ

①じゃがいものでんぷんの含有量は、平均30%である
②じゃがいもの芽には、ソラニンという毒素がある
③イモ類は、ビタミンB1,B2、Cの含有量が比較的多い

答え:①30%なのはサツマイモ。じゃがいもは18%

プロフィール

Mikami Kako

Author:Mikami Kako

おことわり

保育士・図書館司書に関しては、旧システムによるものなので、現在のもの科目編成や内容にずれがあります。放大についても閉講科目が含まれます

クリックすると開きます

シンプルアーカイブ

検索フォーム