図書館サービス論レポート

身近な公共図書館(都道府県より、市町村立が望ましい)を観察し、このテキストに書いてあることと比較しつつ、その図書館の特徴を述べ、またあなたの具体的で実現可能な希望を述べなさい

・大阪狭山市立図書館のサービス指標推移
 資料によると、2005年から2010年の5年間に大阪狭山市の人口はそう変わっていないのに対して、蔵書数が約180000から230000と50000冊の増加が見られる。同じく登録者数も280000人から350000人と70000人の伸びがあり、登録率は49.0%から61.5%の大幅な伸び率を示している。また、人口一人当たりの貸出冊数は、2005年は5.9冊であったのに対し、2010年は7.2冊とこれも伸びている。

・堺市立東図書館との比較
 大阪狭山市と隣り合う堺市は、大阪府内では大阪市に次ぐ政令指定都市で、本館・分館・センターをあわせて図書館を14館持ち、なおかつ2つの移動図書館も持っている。このように、大阪狭山市とは人口や規模の面で比較にならないほどの差があるが、大阪狭山市図書館に一番近いという理由から堺市立東図書館との比較を試みた。
(平成21年度)

大阪狭山市図書館堺市立東図書館
人口(人)約57000約850000
開館(年)1977年2005年
アクセス最寄駅からバスで10分最寄駅から直結
施設規模公民館と同じ敷地内にある単独館
(図書館のみ延べ板面積1401㎡)
生涯学習施設との複合館
(図書館のみ延べ板面積2185㎡)
年間開館日数344287
総蔵書数220000400000
貸し出し数430000400000
人口一人当たりの貸し出し数7.25.3


堺市立東図書館は、駅直結で交通アクセスしやすく、生涯学習センター内にあるということからも比較的年齢の高い市民が利用しやすい。そのような意味からも、堺市立東図書館は、児童やヤングアダルトより歴史や郷土などに力を入れている。
 大阪狭山市図書館は、交通アクセスがよくない。それなのに人口一人当たりの貸出数が堺市より多いと言いうことは、狭山市立図書館が大阪狭山市唯一の図書館であるだけでなく、周辺の施設の特徴をうまく利用した図書サービスをしているからである。

・大阪狭山市立図書館の特徴
 大阪狭山市立図書館の蔵書数は、1999年から2010年までの12年間で毎年1万冊づつ程度増えている。特に児童図書・ヤングアダルト図書・一般図書の歴史部門の増加が著しい。

まず児童図書の増加については、目の前に狭山西小学校があり、児童が季節を問わず図書館をよく利用するという背景がある。また、当該図書館では昨年度(平成22年度)、小・中学生を対象に「図書館を使って調べる学習コンクール」というイベントを実施したところ、1320名の参加者があった。この結果から、コンクールは今年度も引き続き実施される予定である。また、それに伴い子どもたちがよりよく図書館が利用できるよう、児童図書の蔵書数をこれからも増やす方向である。

次にヤングアダルト図書の増加については、主に妊産婦や幼児の母親をターゲットにした本を中心に購入している。その理由は、設題に記したようにこの図書館が保健センターや子育て支援センターなど、妊産婦や育児関連の施設に隣接していることが背景にある。具体的には、保健センターの場合は、乳児の4ヶ月検診時におはなし会ふきのとうのボランティアの協力のもと、図書館のパンフレットや絵本をプレゼントする「ブックスタート」を実施しており、10ヶ月検診では予約制で絵本の読み聞かせと絵本のプレゼントをする「ブックスタートフォローアップ」行っている。このような妊産婦・乳幼児対象の図書館のイベントの実施が、若い世代の母親の図書館利用率を上げている理由でもある。

また、歴史部門の図書の増加の背景には、大阪狭山市の特徴として歴史ものの図書が好まれるという地域住民の特徴が、大阪狭山市には、古事記や日本書紀に名前が書いてあるという世界最古のため池があり、池のほとりには、ため池の歴史や出土品を展示する府立狭山池博物館がある。このような歴史ある文化財を持つことは、地域住民の誇りにもなっている。そのような意味からも、大阪狭山市民が歴史図書を好むことは理解できる。以上が蔵書数の増加についての理由である。

しかし、児童やヤングアダルトへの積極的な取り組みに比べ、障がい者や高齢者に対する取り組みは立ち遅れている。まず図書館への交通アクセスの悪さは高齢者にとって決して便利だとは言い難い。また、取り組みの立ち遅れは館内にも原因がある。職員にとって、毎年増え続ける蔵書をどこに配置するかという課題があり、車椅子が通れる幅の通路や休憩用の椅子が少ないという声があってもスペースが確保できない。「障がい者や高齢者のための施設の充実」これが狭山図書館の今後の大きな課題であると同時に、私の希望でもある。大阪狭山市駅付近に図書館の分室を作ってもらうように市民の意見として市役所に伝えた。

提出回数:1
担当講師のコメント:狭山市立図書館のことがよく調べられています。諸データは平均値とも比べてみてください。ご希望が実現するように働きかけてください




スポンサーサイト




プロフィール

Mikami Kako

Author:Mikami Kako

おことわり

保育士・図書館司書に関しては、旧システムによるものなので、現在のもの科目編成や内容にずれがあります。放大についても閉講科目が含まれます

クリックすると開きます

シンプルアーカイブ

検索フォーム