図書館経営論レポート

図書館経営4つの基本構想の概略を述べたあと、そのうち特に重要な利用者中心思考のありかたについて考察し、論ぜよ

図書館経営の基本思考には、以下の4つがある
1、建設的発展思考
変化を続ける社会に合わせて図書館も変化していかなければならないという考え方。

2、中道思考
物事が発展していく上で、極端に偏った経営政策をとるのではなく、全体のバランスを重視し全体を調和することが大切であると言う考え方である。

図書館においてこの中道の考え方は不可欠である。例えば、資料購入にあたり希望があるからと特定のジャンルの書籍ばかり購入すれば、蔵書構成に問題が生じる。また、特定の担当者のみがサービスを担当することも、偏りが出来るのでよくない。永続的にサービスを展開するには、組織的に行う必要があり、組織的に展開するには中道思想が必要である。

3、未来志向
 図書館の経営を考える場合、5年10年20年先を読んで政策を考える必要があるということ。中でも情報は、大きく5つに区分する事が出来る。

まずひとつめは文教政策情報といい、これは国や地方自治体等の教育行政における情報をいう2つ目は社会変化情報といい、これは①情報技術に関する発展などによる情報環境の変化②、高齢化社会の到来による図書館のハード面・ソフト面での変化と高齢者のリカレント教育③高度学歴社会に対応するレファレンス質問のレベルの向上④少子化社会における児童サービスの4つをいう。3つ目は図書館界の変化情報をいい、社会教育施設である図書館は、親母体を持ちながらも図書館同士の繋がりも持つ性質から、このような動向に影響を受ける。どのような動向に左右されるかというと①関係団体の方針・方策の変化(大学図書館協議会や企業の専門図書館協議会などの様々な図書館団体を言う)②主体的・自立的変化(図書整理の外部委託や書店と合同で新しい図書館システムを作ることなど)③親機関からの変化(指定管理制度や正職員の補充をせず臨時職員で補うなど)の3つをいう。4つ目は出版界・情報産業界の変化情報をいい、①出版形態の変化(紙資料から電子資料への変化)②インターネット社会によって、図書館のあり方そのものが問われている。最後に、マーケット変化情報がある。今までの図書館は、マーケットとは無縁の所にいた。しかしニーズを把握できずして適切なサービスは出来ない。以上が情報の区分である。

4、利用者中心思考の展開(狭山市立図書館を例に)
これは図書館政策を考える上で、利用者の立場にたって図書館業務のあり方を考えるということである。これは、上記の3つ全ての思考の基本的な考え方として図書館を経営するもの全てが持つべき意識である。図書館経営は利用者の最善の利益の元に行わなければならない。

もし、図書館経営が、建設的発展思考・中道思考・未来志向において図書館側の利益のみを考えた思考だとすれば、いずれ図書館は滅びる。なぜなら図書館は市町村の社会教育施設であり、その性質からも地域住民を抜きにして存在し得ないものであるからである。

利用者中心思考は著書の購入に表れる。私の住む大阪狭山市立図書館では、目の前に狭山西小学校があり、徒歩圏域に小中学校が点在することを利用し、昨年から小・中学生を対象に「図書館を使って調べるコンクール」を実施した。それだけでなく、成人向けの気軽に読める雑誌の数を増やした。これは、図書館で調べ物をしている子どもたちに同伴してくる保護者のためである。ここれは大阪狭山市図書館が、イベント対象者だけではなく、それに付随する人にまで心配っているということを表しており、「もし自分が保護者だったら」という、利用者の立場にたった発想がないと出来ない提案である。

また、狭山市立図書館は2007年に指定管理制度になった。それ以前と比べると資料費や諸々の制限があるにもかかわらず、貸し出し冊数・登録者数ともに上昇している。これは民間の経営能力がいかに素晴らしいかを表してる反面、残念ながら公務員はいったい何をやっていたのかという批判にも繋がる。指定管理者であれ公務員であれ、利用者の立場に立った経営をする能力に差があるとは思えない。やはり以前の公務員には経営努力が足りなかったのではないかと思う。

さらに近年は、生涯学習熱の高まりやリカレント教育で、社会人が学生に戻ったり資格を取ったりすることが多くなった。そのため、各図書館も開館時間の延長がされている。大阪狭山市立図書館は月末日のみ休館日で、平日は20時まで開いている。大阪狭山市立図書館に一番近い堺市立図書館東分館は、昨年度から休館日を月曜日のみにし、祝日も開館することになった。このように長時間の開館や開館日の増設は、社会人には嬉しいことである。

このように、図書館は常に利用者中心思考で経営されなければならない。利用者中心にすることで図書館を経営することは、いずれ地域社会の活性化に繋がることだからである。

提出回数:1
担当講師のコメント:参考文献の効果的な活用があるともっと良いものになったと思われ、残念です


スポンサーサイト



図書館及び図書館史レポート

西洋及び日本のどちらかを選び、それぞれの時代(古代・中世・近世・近代以降)の図書館発展の特徴的な所を探り、骨太に要約してください

古代
古代日本において、漢字が中国・朝鮮から伝来したことと同様に、製紙法も朝鮮の僧曇徴が610年に伝えたと言われている。また当時、儒家の経典である五経(詩・書・礼・易・春秋)を教学する中国の学官 、五経博士の来日により、日本には多くの図書が持ち込まれた。その後6世紀には仏教が伝来し、聖徳太子によって書かれた『法華経義流』が、伝来する日本最初の著書で、最古の書物である。

645年、蘇我氏など飛鳥の豪族を中心とした政治から天皇中心の政治への転換点となった大化の改新によって、当時の律令国家は中央集権官僚制度を作り上げた。701年の大宝律令では、8省の中のひとつ中務省の中に図書寮がおかれ、文書の収集と国史編簒業務が行われた。

また、当時の律令国家は遣唐使 を度々送り、唐をはじめとする大陸の文物を導入したり、全国に国分寺 を建てたことから仏教的な天平文化 が栄えた時代であると言える。このころの仏教の隆盛は、寺院や宮廷での写経をうながしたことから、東大寺写経所は経典のための図書館でもあったといえる。時期を同じくして『古事記 』、『日本書紀 』、『万葉集 』など現存最古の史書・文学が登場した。なお、このころの図書の主な利用者は天皇や豪族である。

中世
中世に入り、源頼朝が鎌倉に幕府を開いた事により、それまでの天皇中心の政治から、武士中心の政治へと移行する。武士だけでなく、一方で民衆も力をつけて、各地で自治の動きが広まる。また、や朝鮮のほか、西洋との交流もはじまった。

金沢文庫は北条実時が武蔵国久良岐郡六浦荘金沢(現、横浜市金沢区)の邸宅内に造った武家の文庫である。蔵書の内容は政治・文学・歴史など多岐にわたるもので、収集の方針はその後も子孫三代にわたって受け継がれ、蔵書の充実がはかられた。

印刷技術については、活発な印刷事業が展開され五山版と呼ばれる木版印刷書籍をうんだ。五山版はには、禅文化の禅文化が盛んとなり、漢文学 としての五山文学 が興隆した背景があり、それに付随する形で自然と出版文化も起こることとなった背景がある。その多くは、日本に伝来した宋版 や元版 (宋元版)を底本として覆刻されたものであったため、以後の出版物に大きな影響を与える。その後室町時代の応仁の乱は、五山版の開版に打撃を与えるが、その技術は地方の有力大名などが引き継ぎ、後に庶民の教科書として広く読まれるほどに普及した。このころの図書の利用者は当初は武士と庶民であり、この傾向は明治はじめまで続く。

また、1582年には、イエズス会のイタリア宣教師バリニャーニが、活字を集めて印刷する「活版印刷術」によって、ポルトガル系ローマ字の『天草版平家物語』『天草版伊曽保物語』や日本文の『どちりな=きりしたん』などのキリシタン版を刊行した。しかし、江戸時代に入ると、キリスト教の禁制によって、この技術は伝承されなかった。

近世
江戸時代は、好学家で愛書家であった徳川家康が、江戸城内に富士見文庫、駿府城内に駿河文庫を作った。富士見文庫はその後移転に伴い紅葉山文庫と名前を変え手厚く管理され、現在は国立公文書館内に分蔵されている。

また、江戸時代は庶民の娯楽も盛んになり、書物問屋仲間も作られている。明治はじめに創業した貸本屋は、明治後期にまで続いている。このように、明治後期になると図書の利用者は完全に庶民に移行している。

明治時代において、欧米の教育施設訪問は特に重要な課題であった。岩倉使節団一行も図書館の重要性を伝えており、明治5年の博覧会の後、明治政府は書籍館を開いた。書籍館はその後、浅草に移転したため浅草文庫と名を変えた。

その他京都には集書院、千葉には民間人による大橋図書館も開かれている。このような地方での書籍縦覧所は明治16年には23館に達し、その後、明治32年には日本 で最初の図書館 に関する単独法令 、図書館令が出された。

大正デモクラシーの時代を迎えると、「自由図書館」と称した公共図書館は全国的に急増した。しかし昭和に入り、図書館も戦争とは無縁ではなく、思想・言論の統制・弾圧は、図書館での閲覧禁止としょの指定を招いた。また、空襲によって、図書館そのものの多くが失われた。

近代以降
戦後の日本の図書館は、アメリカの指導の下に立て直され、昭和23年に、戦後最初の図書館立法である国立国会図書館法が制定された。また昭和29年には、国民の知る権利を保障する誓いを図書館界が社会に示した「図書館の自由に関する宣言」が採決された。その後1980年には社会的責任の増す図書館員の自立的規範として「図書館員の倫理網領」が、日本図書館協会総会で決議された。

現在は、大学や大学院で図書館(情報)学の学科が設けられ、多くの研究者輩出するとともに、図書館司書課程や講習が開かれている

提出回数:1
担当講師のコメント:骨太によくまとめてありますが、近世の追求が不足しています。江戸時代は学芸が発達、文庫も数多くつくられていますので、図書館との関係はどうだったのか、近代への繋がりは?などに注目して読みを深めよう。今日の動向にも注目を。


図書館サービス論レポート

身近な公共図書館(都道府県より、市町村立が望ましい)を観察し、このテキストに書いてあることと比較しつつ、その図書館の特徴を述べ、またあなたの具体的で実現可能な希望を述べなさい

・大阪狭山市立図書館のサービス指標推移
 資料によると、2005年から2010年の5年間に大阪狭山市の人口はそう変わっていないのに対して、蔵書数が約180000から230000と50000冊の増加が見られる。同じく登録者数も280000人から350000人と70000人の伸びがあり、登録率は49.0%から61.5%の大幅な伸び率を示している。また、人口一人当たりの貸出冊数は、2005年は5.9冊であったのに対し、2010年は7.2冊とこれも伸びている。

・堺市立東図書館との比較
 大阪狭山市と隣り合う堺市は、大阪府内では大阪市に次ぐ政令指定都市で、本館・分館・センターをあわせて図書館を14館持ち、なおかつ2つの移動図書館も持っている。このように、大阪狭山市とは人口や規模の面で比較にならないほどの差があるが、大阪狭山市図書館に一番近いという理由から堺市立東図書館との比較を試みた。
(平成21年度)

大阪狭山市図書館堺市立東図書館
人口(人)約57000約850000
開館(年)1977年2005年
アクセス最寄駅からバスで10分最寄駅から直結
施設規模公民館と同じ敷地内にある単独館
(図書館のみ延べ板面積1401㎡)
生涯学習施設との複合館
(図書館のみ延べ板面積2185㎡)
年間開館日数344287
総蔵書数220000400000
貸し出し数430000400000
人口一人当たりの貸し出し数7.25.3


堺市立東図書館は、駅直結で交通アクセスしやすく、生涯学習センター内にあるということからも比較的年齢の高い市民が利用しやすい。そのような意味からも、堺市立東図書館は、児童やヤングアダルトより歴史や郷土などに力を入れている。
 大阪狭山市図書館は、交通アクセスがよくない。それなのに人口一人当たりの貸出数が堺市より多いと言いうことは、狭山市立図書館が大阪狭山市唯一の図書館であるだけでなく、周辺の施設の特徴をうまく利用した図書サービスをしているからである。

・大阪狭山市立図書館の特徴
 大阪狭山市立図書館の蔵書数は、1999年から2010年までの12年間で毎年1万冊づつ程度増えている。特に児童図書・ヤングアダルト図書・一般図書の歴史部門の増加が著しい。

まず児童図書の増加については、目の前に狭山西小学校があり、児童が季節を問わず図書館をよく利用するという背景がある。また、当該図書館では昨年度(平成22年度)、小・中学生を対象に「図書館を使って調べる学習コンクール」というイベントを実施したところ、1320名の参加者があった。この結果から、コンクールは今年度も引き続き実施される予定である。また、それに伴い子どもたちがよりよく図書館が利用できるよう、児童図書の蔵書数をこれからも増やす方向である。

次にヤングアダルト図書の増加については、主に妊産婦や幼児の母親をターゲットにした本を中心に購入している。その理由は、設題に記したようにこの図書館が保健センターや子育て支援センターなど、妊産婦や育児関連の施設に隣接していることが背景にある。具体的には、保健センターの場合は、乳児の4ヶ月検診時におはなし会ふきのとうのボランティアの協力のもと、図書館のパンフレットや絵本をプレゼントする「ブックスタート」を実施しており、10ヶ月検診では予約制で絵本の読み聞かせと絵本のプレゼントをする「ブックスタートフォローアップ」行っている。このような妊産婦・乳幼児対象の図書館のイベントの実施が、若い世代の母親の図書館利用率を上げている理由でもある。

また、歴史部門の図書の増加の背景には、大阪狭山市の特徴として歴史ものの図書が好まれるという地域住民の特徴が、大阪狭山市には、古事記や日本書紀に名前が書いてあるという世界最古のため池があり、池のほとりには、ため池の歴史や出土品を展示する府立狭山池博物館がある。このような歴史ある文化財を持つことは、地域住民の誇りにもなっている。そのような意味からも、大阪狭山市民が歴史図書を好むことは理解できる。以上が蔵書数の増加についての理由である。

しかし、児童やヤングアダルトへの積極的な取り組みに比べ、障がい者や高齢者に対する取り組みは立ち遅れている。まず図書館への交通アクセスの悪さは高齢者にとって決して便利だとは言い難い。また、取り組みの立ち遅れは館内にも原因がある。職員にとって、毎年増え続ける蔵書をどこに配置するかという課題があり、車椅子が通れる幅の通路や休憩用の椅子が少ないという声があってもスペースが確保できない。「障がい者や高齢者のための施設の充実」これが狭山図書館の今後の大きな課題であると同時に、私の希望でもある。大阪狭山市駅付近に図書館の分室を作ってもらうように市民の意見として市役所に伝えた。

提出回数:1
担当講師のコメント:狭山市立図書館のことがよく調べられています。諸データは平均値とも比べてみてください。ご希望が実現するように働きかけてください




図書館概論レポート

ある公共図書館について、施設(規模・単独館か複合館)、立地、蔵書数、貸し出し数、図書館職員についてインタビューを行いなさい。併せて、図書館サービスの実際も調べ、簡潔に記述しなさい。この調査を通じて、図書館に期待すること、及び感想を述べなさい。必ず館名と所在地を記しなさい。調査前に必ずアポイントを取ってください

・対象図書館
大阪狭山市立図書館(HPあり)、指定管理者 (株)図書館流通センター
〒589-0021 大阪府大阪狭山市今熊1丁目106 アクセス:南海高野線「金剛駅」よりバス15分

・立地
大阪狭山市にただひとつの図書館で、公民館と同じ敷地内にある単独館である。また、保健センターや子育て支援センターに隣接しており、狭山西小学校や狭山東小学校、大阪府立狭山高等学校・大阪府立堺東高等学校、帝塚山学院大学も徒歩圏域にある。

・蔵書数について
1999年から2010年までの12年間で毎年1万冊づつ程度増えている。特に児童図書・ヤングアダルト図書・一般図書の歴史部門の増加が著しい。
 
まず児童図書の増加については、目の前に狭山西小学校があり、児童が季節を問わず図書館をよく利用するという背景がある。また、当該図書館では昨年度(平成22年度)、小・中学生を対象に「図書館を使って調べる学習コンクール」というイベントを実施したところ、1320名の参加者があった。この結果から、「図書館を使って調べる学習コンクール」は今年度も引き続き実施される予定である。また、それに伴い子どもたちがよりよく図書館が利用できるよう、児童図書の蔵書数をこれからも増やす方向である。

次にヤングアダルト図書の増加については、主に妊産婦や幼児の母親をターゲットにした本を中心に購入している。その理由は、先述したようにこの図書館が保健センターや子育て支援センターなど、妊産婦や育児関連の施設に隣接していることが背景にある。具体的には、保健センターの場合は、乳児の4ヶ月検診時におはなし会ふきのとうのボランティアの協力のもと、図書館のパンフレットや絵本をプレゼントする「ブックスタート」を実施しており、10ヶ月検診では予約制で絵本の読み聞かせと絵本のプレゼントをする「ブックスタートフォローアップ」行っている。このような妊産婦・乳幼児対象の図書館のイベントの実施が、若い世代の母親の図書館利用率を上げている理由でもある。

また、歴史部門の図書の増加の背景には、大阪狭山市の特徴として、歴史ものの図書が好まれるという地域住民の特徴が、大阪狭山市には、古事記や日本書紀に名前が書いてあるという世界最古のため池があり、池のほとりには、ため池の歴史や出土品を展示する府立狭山池博物館がある。このような歴史ある文化財を持つことは、地域住民の誇りにもなっている。そのような意味からも、大阪狭山市民が歴史図書を好むことは理解できる。以上が蔵書数の増加についての理由である。

・貸し出し数について
2005年から2010年の5年間で、会館日数は3日増えただけであるが、総貸し出し数は70,000冊増えた。特にめざましいのは予約件数で、5年間で15000件増えている。これは5年間で倍になった。その中でもWeb予約は7000件から17,000件と1万件の伸びを示し、図書の予約にもインターネットが活発に活用されていることが伺われる。

また、2010年の貸出冊数・来館者数・貸出人数推移によると、貸出冊数・来館者数・貸出人数ともに多いのは8月で、ついで7月、10月である。10月に貸し出し数が高いのは、先述した「図書館を使って調べる学習コンクール」が10月に実施されたことが理由だと思われる。。次に多いのが3月・5月である。このことからも、狭山市立図書館は小・中学生の利用率が高く、学校の長期休暇やゴールデンウイークに図書館が利用されていることがわかる。
 
もっとも少ないのは2月で、12月・1月も比較的貸し出し数が少ない。12月や1月は冬休みの時期なので、これは意外な結果のようだが、クリスマスやお正月など子どもたちにとって楽しいイベントが続く時期でもあるので図書館の利用率が低いのではないかと思われる。
 
障がい者・高齢者について
狭山市立図書館では、耳の不自由な方のために「耳マーク運動」を実施している。これは、筆談でレファレンスを行う事を意味し、職員のすべてが対応する。また、カウンターに拡大鏡を常備し、館内のみだが貸し出しをしている。それに加え、近年は高齢者を対象に拡大本の購入に力を入れている。

しかし、児童やヤングアダルトへの積極的な取り組みに比べ、障がい者や高齢者に対する取り組みは立ち遅れている。その理由のひとつとして図書館の立条件があげられる。最寄り駅からバスで15分というアクセスは、高齢者にとって決して便利だとは言い難い。これについては職員も問題視しているが、図書館の移転は現時点では都市計画内に作成されていない。また、取り組みの立ち遅れは館内にも原因がある。職員にとって、毎年増え続ける蔵書をどこに配置するかという課題があり、車椅子が通れる幅の通路や休憩用の椅子が少ないという声があってもスペースが確保できない。「障がい者や高齢者のための施設の充実」これが狭山図書館の今後の大きな課題である。

提出回数:1
担当講師のコメント:調査が反映した内容で、現状の図書館サービスの現状が伝わってきます。図書館の様々な取り組みも分かります。


プロフィール

Mikami Kako

Author:Mikami Kako

おことわり

保育士・図書館司書に関しては、旧システムによるものなので、現在のもの科目編成や内容にずれがあります。放大についても閉講科目が含まれます

クリックすると開きます

シンプルアーカイブ

検索フォーム