2.著作物

1.著作物の要件
定義・・・思想または感情を創作的に表現したものであって、文芸、芸術、美術または音楽の範囲に属するものをいう

(1) 思想・感情の表現
自然界の事象や現象、社会的事実を素材として文章を作成したり、表・グラフ、統計資料などとしてまとめ、その目的に沿うように工夫して表現されていれば、表現物の対象として保護の対象になり得る。
(2) 創造性
著作者の個性が創作行為に表れていればよい
(3) 表現物としての存在
(4) 文芸・学術・美術・音楽の範囲
知的・文化的精神活動の所産全般を指すものである
(5) 固定媒体と精神的存在
他人が所有している書物を盗んだり破ったりすれば、窃盗罪や器物破損罪に問われるが、著作権侵害にはならない。

2.著作物の種類
(1) 小説、脚本、論文、講演その他の言語の著作物(1号)
事実の伝達に過ぎない雑報及びジジの報道は、著作物に該当しない。
(2) 音楽の著作物(2号)
音楽家の即興演奏も著作物に含まれる
(3) 舞踏または無言劇の著作物(3号)
振り付けも著作物である
(4) 絵画・版画・彫刻その他の美術の著作物(4号)
キャラクターの法的保護に関しては、姿や形が絵画として表現されているものは著作権法の保護の対象となる
●実用美術の保護
実用品に利用されているデザイン(応用美術)は、産業財産権制度の「意匠法」であると基本的には理解されているが、明確ではない。
(5) 建築の著作物(5号)
どの程度の芸術性があれば「建築の著作物」となるかは、明確ではない。
(6) 地図・図面・図表・模型など(6号)
(7) 映画(7号)
●ビデオゲームの映像
ビデオゲームの画像は著作物ではあるが、頒布権はゲームソフトが適法に譲渡された後は消滅している。例えば、中古販売は、頒布権に及ばない。
(8) 写真の著作物(8号)
(9) プログラムの著作物

3.2次的著作物
(1) 翻訳、編曲、変形(絵画を彫刻にする)、翻案(小説をもとに脚本を書く)
(2) 原著作物の著作者との関係
二次的著作物を作成する場合には、原著作物の著作者の許諾が必要である。また、二次的著作物が創作されたからといって、元の著作者の権利内容が制約されるものではない。

4.編集著作物
(1) 編集物を構成する個々の素材の「選択」や「配列」の創造性に着目して、法的保護が与えられている。しかし、アイデアではなく、具体的に表現されたものをさす。
①選択・配列の創造性
小節リストは認められない。しかし、配列に独創性や新規性を要求されるものでもない。
②編集著作権の固有性
相当数の素材を収集し、選択し、配列したものを「編集著作物」という概念で捉えるべきである。
(2)編集物と構成素材との関係
ある著作物が編集物に収録されても、当該著作物に係る権利が何ら制約を受ける者ではない

5.データベースの著作物






プロフィール

Mikami Kako

Author:Mikami Kako

おことわり

保育士・図書館司書に関しては、旧システムによるものなので、現在のもの科目編成や内容にずれがあります。放大についても閉講科目が含まれます

クリックすると開きます

シンプルアーカイブ

検索フォーム